社会人・既卒生のみなさん

本校では高校新卒の方だけでなく、多くの社会人経験者や大学・短期大学卒業生も学んでいます。
年齢も20代から50代までと幅広く、社会人の皆さんが学びやすい環境となっています。

Q&A

社会人・既卒生の方から質問の多い事項をまとめました。

高卒(大・短大卒)後、しばらく時が経過していますが、就職可能ですか?
保育・介護関係は、報道のとおり待機児童解消や高齢者対策上、人手が不足しています。本校には、保育関係が約1770件、介護関係が約720件の求人が寄せられます。社会経験後、本校で資格取得後に就職できる可能性は高いと言えます。また、卒業生の中には子育てを終えている方もおり、正規職員でなくパート・アルバイトの者もいますが、資格所持者として期待されています。
高校、大学・短大卒の若い方と一緒に学んで大丈夫でしょうか?
現在まで社会経験者が入学し、高校卒業後すぐに入学した学生と一緒に学ぶことが苦痛で退学した例はありません。保育・介護系の学生は、将来"ひと"に携わる人材でもあり、優しく思いやりのある方が多いことが特徴です。また、社会人経験者が他の学生に有益なアドバイスをしている姿がよく見られます。多様な価値観を持った学生が共に学び、バランスのとれた保育・介護関係人材に育っていただければ…と考えています。
学・短大卒の場合、単位免除はありますか?
保育・介護学科とも国の認可を受けている養成課程であることから、教育・福祉系学部学科卒業の場合であれば、免除できる科目があることもあります。他分野の場合は、一般科目内での検討となります。免除科目判定には、成績証明書とシラバスが必要となりますのでご用意ください。
社会人入試はどのように行われますか?
AO・自己推薦・一般入試とも社会人以外の方と同じ日程で行います。
面談・面接の際社会経験を高く評価します。出身校の成績以上に仕事ばかりでなく、ボランティア、地域活動、趣味等の経験を重視する方針です。保育・介護職に向けての意欲や社会経験をどのように活かしていくのか熱い思いを期待します。